〒616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町4-14

セルフケア

  • HOME »
  • セルフケア

syoujyou1

施術風景_003

 

 

 

 首が後ろに反らせるようになるセルフケア・・・

足首を使い首が反らしやすくなる方法です。
まず、始めに首が後ろに反れるか確認して下さい。
そして、片方の手で足首をつかみ反対の足先をつかみ、
まっすぐ下に足首をつかみ30秒ほど少し圧をかけながら
爪先の延長線上に足首を伸ばしてください。
少しやりづらいかもしれませんが、姿勢は工夫してください。

image001

両足首、均等の力で行って下さい。
最後に、首を上に向けるのが、楽になったかもう一度確認して下さい。

 腕と肩が軽くなる楽になるセルフケア・・・
手首の所をもんで腕全体が軽くなる方法です。
まず始める前に、両方の腕で交互に前上げ、横上げ、後ろ回しをしてみて腕や肩の動き、引っ掛かりなどがないか左右の腕で確認してください。

image002

そして、手の甲側の手首周りを反対の親指などで赤枠周辺を少し強めに
揉み押してみてください。
両手首をやってみてください。痛みやしこりがあって押すと少し痛い所が
あるかもしれません。
そうしたら、もう1回腕の前上げ、横上げ、後ろ回しをしてみて動きが
良くなっているか確認して下さい。
もし、動きの悪い方の腕がありましたら、もう1回揉んでみるといいです。

 肩甲骨が動きやすくなるセルフケア・・・
前腕、肘のつけ根の所で肩甲骨が動くようになる方法です。
まず、始めに両肩甲骨の動きはどうか?肩を回して調べてみてください。
揉む所は、手のひら側の肘のつけ根
真ん中の赤い丸印の所の硬い所をグリグリと押すように10センチほど
指先に向かって押してみてください。

image003

肘に近いほど、ゴリゴリしている硬いのがあると思います。
痛い人もいます。
肩甲骨の真ん中が緩んで動きが軽くなってくると
思います。腕を回して軽くなっているか確認してください。
両方の肘のつけ根を押して下さい。
動きが悪い方があればもう1回行って下さい。

 腰のこりや張りをとるセルフケア・・・
ふくらはぎの下側をもんで腰のハリを取る方法になります。
デスクワーカーや立ち仕事の方は、
ふくらはぎの下の方が結構硬くなっている方が多いと思います。
まず、左右腰回りのコリ、はりなどを確認して下さい。

image004

その、赤い丸印のふくらはぎの下の硬い所を強めに揉むと、
腰の回りの筋肉が緩んできてはりがとれてきます。
両方のふくらはぎを均等に揉んでみてください。
そしたら、腰のはりが消えているか確認して下さい。
はりがまだ残っているならもう、一度行ってみてください。

お気軽にお電話ください TEL 075-462-5686 午前9:00~12:00、午後14:00~19:00[水曜・日曜・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © ©2015 densui-sha. All rights reserved. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.