〒616-8255 京都市右京区鳴滝音戸山町4-14

腰痛1

syoujyou1

 来院の目安:前に屈むと痛い、靴下が履けない、常にコルセットを手離せない、ギックリ腰になってしまう気がする、座っているだけで腰がつらい。
 国民病の「腰痛」とは?腰痛の患者さんは全国で2800万人、腰痛を経験している人がなんと8割にも及びます。 腰痛の症状も様々で、ぎっくり腰のように急に現れるものもあれば、徐々に現れるものまであります。また85%の腰痛症は原因がわからないと言われております。 腰の痛みには「加齢」「脊椎の異常」「筋肉・神経」「椎間板障害」「内蔵」などがあります。
 加齢が原因の痛み:・変形性脊椎症:腰に鈍い痛みや張りを感じます。立ち上がりや寝返りで症状が表われることが多く、徐々に痛みが緩和していくことが特徴。・椎間関節症:朝の起床時に最も強く症状があらわれ、なかなか起き上がることができない。起き上がって活動を始めると、徐々に痛みを感じなくなる腰椎の関節の炎症。
施術風景_009 脊椎が原因の痛み:・脊椎分離症 :腰から下肢に痛みや痺れ、同じ姿勢で症状が強く表われる。椎弓(腰椎の後部)が骨折(断裂)して脊柱が不安定になるため起こる。 ・脊椎すべり症 :脊椎分離症と同様の痛みで、下肢にも痺れや痛みが出ます。椎骨の一部がズレて腹側に移動したため、神経を圧迫する。 ・脊柱管狭窄症 :立ち上がって腰を伸ばすと痛む。長く歩くと足の裏にかけて痺れや痛み、歩けなくなることもあります。 脊柱管を通っている神経や血管を圧迫で起こります。
 筋肉や神経が原因の痛み:・腰痛症 :中腰でものを持ち上げようとしたときに突然発症するものは「ぎっくり腰」と呼ばれます。 重い痛みが続き、慢性化する場合もあります。
 椎間板が原因の腰の痛み:・椎間板ヘルニア :腰から足先にかけて、痺れや痛みが出ます。真っすぐに立てないことも多く、重症になると排尿障害を起こします。弾力を失った椎間板の髄核が外に飛びだして、神経を圧迫することで起こります。
 内臓が原因の腰の痛み:内臓の疾患によって腰の痛みが症状として表われる場合もあります。 腸・腎臓・膀胱・子宮など 。
 ※腰痛改善の整体:腰だけをみるのではなく骨盤〈仙骨)や背骨や首に原因があります。まずは後頭骨から仙骨、背骨を調整し、骨盤や股間節に柔軟性を持たせます。そして、腕と足の調整をして全身のバランスをとり骨盤周辺のゆがみや痛みをとります。

お気軽にお電話ください TEL 075-462-5686 午前9:00~12:00、午後14:00~19:00[水曜・日曜・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © ©2015 densui-sha. All rights reserved. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.