おはようございます(^^)/
今日は、実在の会社のお話しをさせて頂いても宜しいでしょうか?

 こんな雰囲気で、笑顔で楽しく顔晴って働きたいです!(^_-)-☆

 日本理化学工業
社員の7割が知的障害者のチョークのメーカー。50年間持続経営。“落書き出来る消えるチョーク”で文具大賞受賞。

 今から約50年前、養護学校の先生が15歳の2人の少女を連れて、この会社に来ました。「どうか雇って欲しい」と。
当時の専務(現会長)は即座に断りました。
 先生は「それではせめて2週間だけ働く体験だけでもさせて欲しい。
あの子達は施設に入り生涯働くということを知らずにこの世を終えてしまうのです。」
 専務は、迷った末に受け入れました。

 専務は、彼女たちに、チョークの箱にシールを貼る作業をして貰いました。
一枚づつ貼る姿は真剣そのもの。ちょっとした失敗でも居場所のないように身を縮ませるので「気にしなくていいよ」と言うと、心底ほっとした表情を見せます。
そして仕事が上手く行って「ありがとう。助かったよ」と言うと、心から嬉しそうな笑顔を見せてくれました。
 ある昼休み彼女たちが見当たりません。
嫌になって帰ったかと思ったら、仕事場で作業をしていました。「昼休みだよ」と言うと「遅れてるから」と言って作業を続けます。
 また、早朝鍵を開けに行くと彼女たちが会社の前で待っています。「時間、間違えたの?」と聞くと「遅れてるから」と言って、直ぐ作業をはじめました。

 約束の体験期間の2週間が過ぎました。
彼女たちは2人で「もっと働きたいね」と話していました。
 専務がこれで彼女たちとお別れかと思っていると、社員達がやって来ました。
「2人位なんとかなりませんか?彼女たちを辞めさせないで下さい!!あんなに頑張っているのに!だんだん慣れてきます。私達が面倒を見ますから!」と。
 
 彼女たちの働ける喜びに感謝して真剣にそして嬉しそうに働く姿に、みんなが心を打たれました!!

 「働く」とは、
人に必要とされ、
人の役に立つこと。
そのために一所懸命に頑張れば、
みんなに応援してもらえる!

 人間の究極の幸せは4つ。
1.人に愛されること
2.人に誉められること
3.人の役に立つこと
そして最後に
4.人から必要とされること